JFS-A/B

社会的ニーズに応えるための
適合証明(JFS-A/B)・及び適合証明取得をサポート

JFS規格は、グローバルな食品安全の要件である食品安全マネジメントシステム(FSM)、ハザード制御(HACCP)、適正製造規範GMPで構成され、事業者の食品安全管理体制に応じて段階的にステップアップできる仕組みを有した日本発の食品安全規格です。
当社では、JFS-A/Bの適合証明プログラムに基づく監査会社として食品安全マネジメント協会(JFSM)に登録し、適合証明監査及びコンサルティング業務を受託しています。

JFS-A/B

認証/適合証明を
受けることによるメリット

❶ 国際標準のGFSI承認食品安全マネジメント規格に適応

❷ 販売地域を拡大しグローバルサプライチェーンにも参入

❸ HACCPの制度化に対応

❹ 第二者監査のコスト最適化

規格認証適合証明取得までのSTEP

  • STEP1

    キックオフ

    ●グローバルな食品安全に取組むためにJFS-A/B規格への適合証明を目指すトップマネジメントの方針表明と、食品安全を実現するために選任されたHACCPチームメンバーに対する規格説明を行います。

  • STEP2

    システム構築

    ●JFS-A/B規格要求事項とのギャップ診断結果に基づき効率的なシステム構築を支援致します。

    ●FSSC22000やJFS-C等のグローバルな食品安全規格認証への発展に向けた支援も可能です。

  • STEP3

    監査、登録

    JFSM登録監査員が行った監査結果報告に基づき判定委員会で審査を行い、JFSMへの組織登録、適合証明書を発行致します。

適合証明監査及びコンサルティング業務など、
まずはご連絡ください。
お問い合わせはこちら

認証取得支援