認証取得支援

国際標準に基づいた
食品安全認証の取得をサポートします

グローバルな食品安全の考え方として、食品安全マネジメントシステム(FSMS)による継続的改善(PDCA)を回す仕組みの整備と、良好な製造環境を維持するための適性製造規範(GMP)、HACCPシステム(Codex HACCP)による工程管理を用いた安全性の証明が行える3つの領域の管理手法の導入が求められています。
また、食品事業者を取り巻く環境が変化するなか、説明責任を果すための体制整備が重要視されています。
BMLフード・サイエンスではJFS-A/B プログラム適合証明事業、自治体認証(都道府県)、及びISO22000、FSSC22000などの食品安全マネジメントシステムの認証取得までの支援業務を行っています。

食品安全マネジメントシステム(FSMS)

品質管理を回す仕組み

  • ・経営者の責任/積極的な関与
  • ・適正なPDCAサイクルによるQC活動
  • ・トレーサビリティ
  • ・教育訓練 等

食品安全ハザード(HACCP)

安全を証明できる工程管理

  • ・HACCPシステム診断
  • ・妥当性評価
  • ・HACCPチーム力量評価
  • ・アレルゲンの管理

適正規範一般衛生管理(GMP)

良好な食品製造環境

  • ・建物の構造/施設設備の適否
  • ・一般衛生管理プログラム
  • ・ユーティリティー
  • ・保管輸送 等

認証取得支援

お問い合わせはこちら