衣料品検査

衣料品の生地から製品まで、
様々な段階での検査を実施

毎日使用・着用する衣料品は、消費者にとってとても身近な商品です。身近な商品だからこそ、その耐久性や安全性には十分気を配る必要があります。
検査を怠り、品質の悪い製品を消費者に提供してしまった場合、その企業は消費者からの信頼を失うと同時に、社会的信頼も失ってしまいます。それを未然に防ぐ為にも、製品を作る際、耐久性・安全性を確認し、しっかりしたデータを取得しておく企業体制が求められます。

衣料品検査

検査項目

  • 生地検査

    製品にした際、性能に問題が無いか、生地について様々な項目を確認します

    ●染色堅牢度 (耐光・洗濯・汗・摩擦・水 等)

    ●生地強度 (引張・引裂 等)

    ●生地物性 (ピリング・スナッグ 等)

  • 製品検査

    製品の状態で実用に耐えうるか、様々な角度から検証し、試験を行います

    ●耐洗濯性 (外観変化・寸法変化 等)

    ●有害物質検査 (遊離ホルムアルデヒド 等)

    ●製品強度 (縫い目強さ 等)

  • クレーム調査

    クレームの発生原因について、それが製品に起因するものなのか、使用方法に起因するものなのか等を調査します

衣料品に関する検査について、
まずはご相談ください。
検査依頼書ダウンロード
お問い合わせはこちら

食品・商品検査項目