理化学検査

正確な技術と品質で、
食品衛生法に基づく検査を実施

理化学検査では、食品衛生法に基づく添加物試験を実施しています。食品には、味や見た目などの品質や保存を目的に食品添加物が利用されておりますが、食品添加物は食品衛生法でその種類や使用量が規制されています。使用が認められたものでも基準以上の使用は食品の安全性を脅かす行為となるため、禁止されており、食品に含まれる食品添加物の定性、定量試験を行うことにより、食品衛生法の基準を満たす安全な食品であることの確認を行います。
その他の理化学的検査として、有害物質、食品アレルゲンなどの分析も行っています。

理化学検査

理化学検査の特長

  • 特長1

    正確な測定

    ●厚生労働大臣登録検査機関(食品添加物)

    ●最新の検査機器とITシステムの連動で、効率的な検査体制を構築

  • 特長2

    迅速な納期

    ●Web報告によりただちに結果を確認いただけます

    ●報告は検体受付から10営業日を目安としますが、詳しくはご相談ください

  • 特長3

    豊富なラインナップ

    ●保存料、発色剤、酸化防止剤など幅広いご依頼に対応可能

検査依頼書ダウンロード
お問い合わせはこちら

食品・商品検査項目