ノロウイルス検査

国内最大級の一日あたりの処理量で
ノロウィルスの感染リスク低減をスピーディーにサポート

2017年に厚生労働省は「大量調理施設衛生管理マニュアル」を改正し、調理従事者などは、10月から3月までの間に月に1回以上、又は必要に応じてノロウイルスの検査に努めることとしました。
ノロウイルスの感染力は非常に強く、100個以下でも感染するといわれています。その予防は、手洗いなどの基本的衛生管理がもちろん重要ですが、早期に保菌者を発見して調理・食品から遠ざけることで、食中毒発生や他者への感染のリスクを低減させることができます。

ノロウイルス検査

ノロウイルス検査の特長

  • 特長1

    正確な測定

    ●リアルタイムRT-PCR法の採用による、最高ランクの検査感度を実現

  • 特長2

    迅速な納期

    ●当日受付、当日検査、当日結果報告なので迅速です(当日10:00まで受付けの場合)

    ●Web報告によりただちに結果を確認いただけます

  • 特長3

    豊富なラインナップ

    ●受付から検査・報告まで、機械化・ITシステム化し大量処理を実現しています。1日当りの処理量は国内最大級

検査依頼書ダウンロード
お問い合わせはこちら

食品・商品検査項目