微生物検査

食の安心と安全を
業界トップクラスの検査品質でサポート

食品における品質の低下や食中毒の多くは微生物によって引き起こされています。
食品の安全性を確保するためには、その製品が食中毒菌に汚染されていないか、指標となる菌数に異常が無いか、などの確認はもとより、一定条件下での菌数の変化を調べるなど、その製品の特性に合せた検査が必要です。それにより消費者の安全を守り、ひいては食品事業者様の信頼獲得につながるものと考えます。

微生物検査

微生物検査の特長

  • 特長1

    正確な測定

    ●ISO17025取得の信頼ある検査体制

    ●最新の検査機器とITシステムの連動で合理的・効率的な検査体制を構築

  • 特長2

    迅速な納期

    ●Web報告によりただちに結果を確認いただけます

    ●食中毒菌などの異常値の場合、直ちに至急報告をメール送信

  • 特長3

    豊富なラインナップ

    ●最新機器による菌種同定など、幅広いご依頼に対応可能

検査方法

弊社では、主に食品衛生検査指針に基づく自主検査法を採用しています。この方法では、公定法(食品衛生法に基づく厚生労働省からの省令・告示に示された検査法)と比較して同等の精度を有し、より迅速に検査結果が得られ、操作が簡便である利点があります。

推奨試験項目のご案内

業務の流れ

お問い合わせ ▶︎ 検査申し込み ▶︎ 検体の送付 ▶︎ 検体受付 ▶︎ 検査
前処理 ▶︎ 培養 ▶︎ 判定 ▶︎ 確認試験(必要に応じて)
▶︎ 報告書の発行

検体必要量

・100g以上

検査依頼書ダウンロード
お問い合わせはこちら

食品・商品検査項目